OperaGXの評判は低いの?ブラウザも目的に応じて使い分け?

Opera GXの評判は低いの?PC

みなさんはOpera GXというブラウザはご存知ですか?

以前よりOperaというブラウザはありましたが、 Opera GXは2019年6月11日にオペラ・ソフトウェア社にて開発されたゲーミングブラウザです。

ゲーミングブラウザという名前は聞き慣れないと思いますが、みなさんが普段使用しているブラウザとはどのような違いがあるのでしょうか?

また、一部ではOperaは中国企業に買収されたから評判が悪いと言った話も聞きますが本当なのでしょうか?

今回は本当にOpera GXの評判は低いのか?また、他のブラウザとはどのような目的に応じて使い分けをするのがよいのかなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

OperaGXの評判は低いの?ブラウザも目的に応じて使い分け?

Opera GX

ノルウェーのOpera Softwareは12月17日(現地時間)、「Opera GX」が「Microsoft Store」からダウンロードできるようになったと発表した。Windows 10/11環境ならば、「ストア」アプリで検索してインストールできる。

【この記事に関する別の画像を見る】  「Opera GX」は、「Opera」をベースにゲーマー向けの改善を盛り込んだWebブラウザー。まるでゲーミングPCのようなデザインが特徴で、「Razer Chroma」や「Corsair iCUE」といったゲーミングPCのライティングシステムと連携することも可能。

インターネットに接続できないときに遊べるオフラインゲーム「Operius」が含まれており、ゲームができないときの暇つぶしにも対応する。  また、リソース消費の多いタブを閉じる「Hot Tab Killer」、「Opera GX」が利用できるリソース(CPU利用率、メモリ使用量、ネットワーク帯域)を制限するメカニズム、「Twitch」をサイドバーで楽しむ機能など、PCでゲームを快適に楽しむための機能が充実している。もちろん、「Opera」譲りの内蔵VPNや広告ブロッカーなどもそのまま利用できる。

Yahooニュース

Opera GXがリリースされてから2年弱が過ぎていますが、ようやくMicrosoftStoreでもダウンロードが出来るようになったようですね!

それまではEdgeがあったせいか、サードパーティー製のブラウザはMicrosoftStoreからは出来なかったようです。

Opera GXを実際に使用してみて

Opera GXホームページ

実際にOpera GXをPCにインストールをしてみるとこのような画面が現れます。

普段目にしているブラウザとはちょっと見た目が違い、かなり色使いが赤を基調とした色合いで、ゲーミングブラウザと言うだけあり見た目にこだわっているようです^^

では、ゲーミングブラウザとしての機能にはどのような特色があるのでしょうか?

Twitch・Discordなどのアプリが標準で組み込まれている

サイドバー

Opera GXにはサイドバーというものがあり、ここに様々なアプリが標準で組み込まれていますが、中でもゲーム配信用のアプリであるTwitchやゲームプレイヤーにとって必須といえるコミュニケーションツールDiscordも標準で組み込まれているので、ここもゲームをプレイする方にとってはありがたい機能なのではないでしょうか?

ゲームをしない方にとってもTwitterやInstagramなどのSNSツールもサイドバーに組み込まれているのも使い勝手がよいですね。

メモリやCPUの使用量を制限できる

メモリ使用量 CPU使用量

このメモリやCPUの使用量を制限できる機能はOpera GX独自の機能であり、ゲームをする方にとってブラウザに極力メモリ使用量やCPUのパワーを奪われたくないという方もいるかと思いますので、そういった方にとってメモリやCPUの制限をして使用量の調節が出来るのはありがたいと思います。

この機能の設定はサイドバー丈夫にあるGX Controlから設定が可能です。

  • RAM Limitter:メモリ使用量の制限をバーで調節(PCのメモリ搭載量による)
  • CPU Limitter:CPUの使用量の制限をバーで調節(25%、50%、75%、100%の4段階)

また、ゲームをしない方にとってもブラウザでいくつもタブを開いたりするとメモリがどんどん消費されていきますので、多くのメモリを積んでいない方にはこういう機能は向いているのかもしれません。

VPN機能を搭載しプライバシーの保護が可能

VPNは、インターネットや多人数が利用する閉域網を介して、暗号化やトラフィック制御技術により、プライベートネットワーク間が、あたかも専用線接続されているかのような[2]状況を実現するものである。

一言でVPNと言っても、様々なプロトコルが利用されるため、そのオプションによって様々な利用が可能である。VPN=暗号化技術という誤解が多いが、それは利用するプロトコルやオプションによって異なる。VPNで利用されるプロトコルには、SSH/TLS(SSL)/IPsec/PPTP/L2TP/L2F/MPLSなどがある。

またもともとは、グローバルなインターネット(the Internet)を介するものであったが、近年の電気通信インフラの形態の傾向などから、IP網(特にIPv6網のことが多い)ではあるが、通信キャリアの閉域網内から外に出ないで実現されているVPNも運用されるようになってきている。

Wikipedia

と、仮想プライベートネットワーク (VPN) はローカルIPアドレスを仮想IPアドレスに置き換えるため、Webサイトが閲覧元場所 (使用者) を特定することが難しくなる仕組みです。

この設定をするとなると、かなりの知識と設定が必要となるのですが、このOpera GXには標準でVPN機能が備わっているので面倒な設定もせずスイッチひとつでVPNが使用できるようになりますし、プライバシーを保護する観点からするとインターネットなどの公開ネットワーク上でも安全な閲覧が可能になると思いますが、必ずしも使用しなければならないという事ではないので、使用に関してはご自身の判断でお使いください。

※ブラウザの注意書きにもありますが、VPN機能を使用することで通信速度が遅くなったりWebページの表示などに不具合が出る事もあるようです。

VPN

VPN機能を使うには以下の設定が必要となります。

  • サイドバー下部の「設定」→「詳細ツール」→「機能」→「VPN]

へ行き、スイッチをONにするとVPN機能が使用できるようになります。

Razer ChromaやCorsair iCUEと連携が可能

GX Lighting

「Razer Chroma」や「Corsair iCUE」といったゲーミングPCのライティングシステムと連携することも可能で、ブラウザ上から好みのデバイスの色が変えられるのはゲームをする方にとって便利ですよね。

Opera GXを実際に使用してみての感想

私も数日間Opera GXをブラウザとして使用してみましたが、上記のようなメモリやCPUの制限をせずとも、ある程度のスペックのPCであれば調整はせずとも比較的ブラウジングも軽く、また私が普段使用しているChromeやWindows標準で搭載しているEdgeなどのブラウザと比べても遜色がないくらいのブラウザであると感じました。

また、Opera GXはChrome拡張機能が使えるので、普段Chromeを使用している人も拡張機能により、より使いやすくなると思われます。

ただしChromeウェブストアからインストールするには以下のURLにある「Install Chrome Extensions」拡張のインストールが必要です。https://addons.opera.com/ja/extensions/details/user-agent-switcher/

見た目が赤いラインなので私はカッコいい感じがするのですがいかがでしょう?

また、全体が黒で統一されているので画面を見ていても周囲のボタン等が気にならずに済み、また目の疲れも心なしか少ないように感じますが、これはChromeのダークモードでも同様に出来ますので、Opera GXだけのメリットではないかもしれません。

普段のブラウジングはGoogle Chromeを使用し、ゲームをする時はOpera GXを使用するなど使い分けをしながらというのも良いかと思います!

スポンサーリンク

まとめ

ゲーミングブラウザをうたうOpera GXを実際に使用する際に便利と思われる機能

  • Twitch・Discordなどのアプリが標準で組み込まれている
  • メモリやCPUの使用量を制限できる
  • VPN機能を搭載しプライバシーの保護が可能
  • Razer ChromaやCorsair iCUEと連携が可能

今回は本当にOpera GXの評判は低いのか?また、他のブラウザとはどのような目的に応じて使い分けをした方がよいのかなどについて調べてみました。

実際に使用してみて思ったより悪くない感じのブラウザでした。

もし興味のある方はダウンロードして使用してみてください^^

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました