ドゥラメンテ産駒の評判は?タイトルホルダー他の後継種牡馬は?

ドゥラメンテ産駒の評判は?タイトルホルダー他の後継種牡馬は?競馬

2015年の15年の皐月賞、ダービーを制したドゥラメンテ(牡9歳)が2021年の9月に死去したと残念な発表がありました。

種牡馬としても期待されていた同馬でしたが、あまりに早すぎる周りも死に驚きを隠せない様子でしたね。

ですが、産駒であるタイトルホルダーが2021年の菊花賞を制してドゥラメンテ産駒は走らないという事を覆してくれましたね。

今回は、残されたドゥラメンテ産駒や、後継種牡馬となる馬は他にどんな馬がいるのかも含めて調べてみました。

スポンサーリンク

ドゥラメンテ産駒の評判は?タイトルホルダー他の後継種牡馬は?

15年の皐月賞、ダービーを制し、同年のJRA賞最優秀3歳牡馬に輝いたドゥラメンテ(牡9、父キングカメハメハ)が8月31日の午後7時に急性大腸炎のため死んだ。1日、JRAが発表した。現役引退後は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションにて種牡馬として繋養されていた。

Yahoo!ニュース

ドゥラメンテの血統は

  • 父キングカメハメハ
  • 母アドマイヤグルーヴ
  • 母の父サンデーサイレンス
  • 母の母エアグルーヴ

という近代競馬のトップホースたちの血を重ねた超良血馬で、2015年の皐月賞・ダービーを制して同年の最優秀3歳牡馬にも選ばれました。

ドゥラメンテ産駒で今後の走りそうな産駒は?

ドゥラメンテ産駒は現3歳が初年度産駒で、代表産駒に2021年の菊花賞を勝ち、2022年の天皇賞・春を逃げ切りで勝利したたタイトルホルダーがいますね。また、6月26日に行われた宝塚記念でもレコードで勝利し、名実ともにドゥラメンテの後継種牡馬と言える成績となったと思います。

他にも、血統などから今後走りそうな産駒や、現在活躍している主な産駒を挙げてみました。

  1. ドゥラドーレス 牡(母:ロカ)2022年のセントポーリア賞を快勝し強い競馬を見せた馬で、今後は毎日杯→ダービーのローテーションを組む予定。戸崎騎手に引き続き乗って欲しい馬ですし、ドゥラメンテの後継種牡馬としても活躍しても期待出来そうでしたが、毎日杯の惜敗によりダービーの参戦は白紙になったようです。
  2. ティーガーデン 牡(母:ルミナスパレード)半姉に2021年NHKマイルカップ2着のソングラインがいる血統で、新馬戦は5着敗れたもののこの馬も順調に成長すれば重賞が勝てる能力があると思われます。未勝利1着→ひいらぎ賞1着と勝利を重ねて力を付けている感じがします。
  3. ベルクレスタ 牝(母:ベルアリュール2)半姉に2017年ヴィクトリアマイルを勝ったアドマイヤリードがいる血統で、新馬戦2着→未勝利1着と着実に勝利を重ね、アルテミスステークスで2着の後は阪神JFで6着には破れましたが、今後の重賞戦線に名前を連ねそうです。クイーンカップ3着後、桜花賞は7着と少々残念な結果となってしまいました。
  4. ラクスバラディー 牝(母:リッチダンサー) 半姉に重賞3勝のバウンスシャッセやコントラチェックがいる血統で、新馬戦2着→未勝利2着→未勝利3着と惜しい競馬が続いているが、今後の成長次第では勝ち上がり、重賞に名を連ねてもおかしくはないと思われます。その後、未勝利をなかなか勝ち上がれませんでしたが4月に未勝利を勝ちました。
  5. ソクラテス 牡(母:ブルーダイヤモンド) 半兄に菊花賞2着のアリストテレスがいる血統で、この馬は父がドゥラメンテに代わりサンデーサイレンスの3×3のクロスが生じており、これが上手くいい方向に向けば活躍が期待出来ると思われます。4月のダート未勝利を勝ち、今後はダート戦線で活躍するかもしれませんね。
  6. レイフル 牝(母:シェルズレイ) 半姉に2021年大阪杯勝ちのレイパパレがいる血統で、この馬も活躍が期待されています。
  7. ソバナ 牝(母:オメガスピリット) 半姉に2014年優駿牝馬勝ちのヌーヴォレコルトがいる血統で、この馬はクラシックディスタンスで活躍が期待出来そうな感じの馬だと思います。
  8. プレサージュリフト 牝(母:シュプリームギフト)2022年2月に行われたクイーンカップで新馬勝ちの後2連勝となりました。戸崎騎手はドゥラドーレスといいドゥラメンテ産駒の強い馬に乗ってクラシック戦線で戦ってくれそうですね!桜花賞は4番人気でしたが出遅れてしまい最高峰からの競馬で11着に破れてしまいました。今後はオークスを目指すようですが、得意の東京競馬場に戻って末脚が生きると良いと思います。
  9. スターズオンアース 牝(母サザンスターズ)叔母にソウルスターリングがいる血統で、2022年のクイーンカップでプレサージュリフトの2着に入った素質馬です。スターズオンアースも今後春のG1で活躍が期待出来そうですね。スターズオンアースは桜花賞を勝ち、タイトルホルダーに続いて2頭目のクラシックホースとなりました。次は2冠を目指しオークスになるようですが、鞍上は川田騎手からルメール騎手に交代する事が決まり、5月22日のオークスでは直線半ばから見事な末脚を見せて勝利を収め、牝馬2冠を達成しましたね。
スポンサーリンク

ドゥラメンテ以外のキングカメハメハの後継種牡馬は?

ドゥラメンテ以外にもキングカメハメハの後継種牡馬いますが、どんな種牡馬がいるでしょうか?

  • ルーラーシップ
  • ロードカナロア
  • レイデオロ
  • ラブリーデイ
  • ローズキングダム

などがいますが、中でもドゥラメンテの近親であるルーラーシップ(母エアグルーヴ)に期待したいところですね。

スポンサーリンク

まとめ

近代競馬の名馬の結晶のドゥラメンテの死去に生産界に衝撃が走った。

これから種牡馬としての活躍が期待されていただけに、残念なコメントが寄せられていますが、ドゥラメンテの残された子供達の活躍を願いましょう。

また、今週から2022年中央でのG1も始まります。

2021年はどんな馬が活躍したかも記事にしてみましたので、もしよければ合わせて参考にしてください。

【参考記事】

競馬 秋のG1が開幕目前、今年の注目馬は何?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました